唐津焼のこと

唐津焼の歴史と今

 唐津焼は素朴な中に味わいのある風合いで、多くのやきものファンから愛されてきました。江戸期、西日本(瀬戸内海沿岸、山陰、北陸から新潟の直江津までの日本海沿岸)を中心に、「唐津」はやきものの代名詞にまでなり、やきもの全般のことを指して、東日本でいう「せともの」に対して「からつもの」と呼ばれていたほどでした。

 「唐津焼」の定義は様々ですが、一般に桃山期から肥前地区一帯※で作られた陶器のことを呼んでいます。その誕生について詳しいことはわかっていませんが、はじめに生産をはじめたのが、唐津湾の南、北波多に位置する岸岳城城主波多氏の領地とされています。岸岳の山麓の窯で生産されたやきものは唐津の港で舟に積み込まれ、全国へと出荷されていきました。

 その後生産地域は南部、現在の伊万里、武雄、有田、嬉野さらに長崎県まで移動・拡大していきます。また茶の湯の流行を背景にして、二度にわたる豊臣秀吉の朝鮮出兵(別名やきもの戦争とも言われています)の折、九州の大名たちは朝鮮のやきものの職工たちを連れ帰り、各地に窯場が形成されていきました。このとき高温かつ大量に焼く事のできる登り窯や、新たな装飾技法などが導入され、作風や種類も豊かになっていきます。そして慶長年間(1596~1615)には生産量が増大、全国に流通するようになり唐津焼は最盛期を迎えます。

唐津湾の風景

唐津湾の風景

 その後、有田の泉山で陶石が発見され磁器生産が始まると、肥前の焼き物の生産は陶器から磁器へと移行し、唐津焼は衰退していきましたが、江戸時代を通して唐津焼の御用釜としての伝統を守ってゆくことになりました。わずかに残された唐津焼窯元が、再びかつてのような勢いを見せるのは、昭和初期に御用窯だった中里家の十二代中里太郎右衛門※が、古唐津の窯跡を発掘し、古唐津の技法を復活させてからになります。それから現在まで窯元の数は増加し、歴史を踏まえながらもそれぞれの作風で新たな唐津焼が生まれ続けています。

※肥前:現在の佐賀県、長崎県にあたる地域。
※中里無庵(1895~1985):唐津の古窯、陶片の調査研究、古唐津復興に努めた。「唐津焼」の人間国宝。十二代中里太郎右衛門。

唐津焼ができあがるまで

 唐津焼の特色として、素材に対する強いこだわりがあげられます。
 他産地では効率化されて分業が進んでしまった各工程を、自ら一貫して行っている作家が数多く活動しています。
 原料を近隣の山から採掘し、石を砕き、水簸し、混練し陶土となし、釉薬には自然の植物を燃やした灰を使います。
 造形、絵付、施軸、に際しても素材の魅力を引き出すことを心がけ、登り窯を自ら築き、薪による焼成を試みるということも一般的に行われています。
 分業ではなく一貫して作家が手がけるため、決して効率のよい仕事ではありませんが、釉薬や加飾、造形に豊かなバリエーションを持つ古唐津を手本とし、素材にこだわった個性ある焼き物には、完全な複製技術を前提とした現代のプロダクトにはみられない、無二性をもった魅力が備わっています。

1.

唐津焼の魅力はその土にあります。
古唐津の諸窯もその造形や土の表情に特徴があり、様々な原料が使われていたことを物語っています。

土見せ(つちみせ)
素地が露出している部分。
高台は唐津焼の見どころの一つ。

土見せの写真

土見せの写真

土見せの写真

土見せの写真

土見せの写真

土見せの写真

2. ろくろ

※ろくろ【轆轤】
回転する天板と軸棒、また重みのあるはずみ車からなり、古くは人力を動力にしており、現在は電動のものが一般的。唐津でははずみ車を足で蹴って惰力を得る蹴ろくろも現役で使われている。

※たたき【叩き】
壺や甕などの袋物を作る際、内側に当て木を当て、外側から叩き締めて作る方法。縒り土を輪積みして重ね叩き締めることで、大型のものを作ることが出来る。ろくろを併用して作る場合もある。

ろくろの作業の写真

3. 削り

土の表情を見せる、自然な削り。

削りの作業の写真

4. 絵付け

鉄による絵付けは焼き上がりで黒または茶に発色します。

5. 素焼き

絵付けや釉薬を掛ける場合、低温(800℃前後)で焼成する場合があります。

絵付けの作業の写真

6. 釉薬

釉薬は植物の灰や鉱石、鉄などを混合し、水に溶かしたものです。原料によって色の違いがあります。乾燥もしくは素焼きした素地を浸したり、素地にひしゃくでかけるなど形状によって色々な方法をとります。

釉薬の作業の写真

7. 窯詰

窯詰の作業の写真

8. 焼成

伝統的登り窯※、ガス、電気釜などで1250~1300℃の高温で焼成します。焚き方によって焼き上がりの色が変化します。

※登り窯
薪窯の一種で、斜面に築かれる。構造、大きさは多様だが、燃焼効率の良さから大量生産に向いている。日本では十六世紀末頃から肥前地域をはじめとして、効率のよい登り窯が主流となっていった。1300℃以上の高温まで温度を上げる事が可能。

焼成の作業の写真

唐津焼の表情いろいろ

唐津焼に使用される釉薬は数種あり、表情豊かな焼き上がりが魅力の一つです。

1. 絵唐津 えがらつ

比較的鉄分の少ない薄茶色の素地に、鉄絵具(てつえのぐ)で文様を描き、土灰釉や長石釉などの透明釉をかけて焼いたものをいいます。
黒褐色の鉄絵具は地元の鉄分を多く含んだ土や鉱物から精製したもので、一般に勢いのある筆使いで簡略化された文様をラフに描きます。作為的ではなく、陶工も楽しんで描いているかのような素朴な味わいがあります。文様には、植物・動物文や、線文、幾何学文などがあり、朝鮮の焼き物や、美濃焼(岐阜県)の志野(しの)や織部(おりべ)の意匠の影響もあると言われています。

絵唐津の写真

2. 無地唐津 むじからつ

複数の釉薬や上・下絵付けなどで装飾されたものに対して、一種類の釉薬だけの模様の施されていない器物のことを無地物(むじもの)といいます。無地唐津は唐津焼の装飾の中でももっともシンプルなもので、土灰釉と呼ばれる雑木の薪を燃やした後に残る木灰を用いた釉薬(うわぐすり)や長石釉とよばれる岩石に含まれる鉱物から作られる釉薬をかけて焼かれたものが一般的です。

無地唐津の写真

3. 斑唐津まだらからつ

藁灰(わらばい)などを混ぜた失透白濁する釉薬を用いたやきもので、日本では古唐津諸窯※で十六世紀に始まったとされています。乳白色の器肌ですが、生地土の鉄分や、窯を焚く燃料である松などの灰の影響による、青や黒の斑点が現れることや、粒子の大きな荒い素地の凸凹と釉薬の厚薄で、斑になったかのように見えることから斑唐津と呼ばれています。茶碗や猪口(ちょこ)に多く用いられています。

※古唐津諸窯
窯跡は200箇所以上確認されており、現在の唐津市のもならず、伊万里、有田、武雄、多久、嬉野や長崎県にも渡って生産されていた。

斑唐津の写真

4. 青唐津・黄唐津 あおがらつ・きがらつ

木灰釉をかけてやいたもので、燃料の灰や生地中に含まれている鉄分の化学変化により、酸化炎※では淡黄褐色となり、黄唐津と呼ばれ、還元炎※では青く発色し青唐津と呼ばれます。木灰釉は融点が低いため、ガラス状にとけてたまったところに深い青みが見られます。

青唐津・黄唐津の写真

5. 朝鮮唐津ちょうせんがらつ

鉄分の多い黒釉や飴釉(あめゆう)と、斑唐津にももちいられる白濁を上下、または左右に掛け分けたり、不規則に塗り分けたりしたものをいいます。 釉薬が高温で溶けガラス化し重なり合った黒の部分と白の部分が混ざり合い、教会に生まれる青や紫、黄色等の微妙な色と流れ具合の変化が特徴的な技法です。水指・花生・徳利など茶器として作られたものが多く、景色※を重視する茶陶で大にされてきたものです。

※景色
焼き物の表面の偶然の変化を自然の風景に見立てて呼ぶ言葉。地肌の様々な表情を"土味"と呼んだり、使っていくことで古色が付いたものを"育つ"といって珍重するなど茶陶として尊ばれた歴史をもつ唐津焼は、茶道の価値観と密接な関わりを持っており、高台削りの際の土の捲れが残った"ちりめん皺"、程度な釉薬の縮れを指す"かいらぎ(梅花川)など、豊かな言葉・モノの見方が生きている。

朝鮮唐津の写真

6. 黒唐津くろがらつ

黒色の釉薬のかかったものの総称です。鉄分を多く含む岩石を砕いて、土灰釉(どばいゆう)に混ぜたものや、胎土に鉄分が多く、釉色が黒味がかかるもの、鉄分の多い泥を化粧がけするものなどさまざまな製法があり、数多くの窯で焼造されてきました。鉄分の量は酸化の度合いで漆黒色から、柿色まで幅広い変化がありますが、いずれも黒唐津と呼ばれています。

※その他の種別として
唐津焼の種別は厳密なものではなく、上記以外にも様々な技法や釉薬が取り入れられている。白化粧土を刷毛で施した刷毛目唐津、櫛目を入れた櫛目唐津、素地に彫を施した彫唐津、緑と茶褐色の釉薬で彩られた二彩唐津、釉肌が鱗状になった蛇蝎唐津などがある。

黒唐津の写真

7. 三島唐津・粉引みしまがらつ・こひき

三島唐津は朝鮮民窯でいう粉青沙器(ふんせいしゃき)の日本における呼び名。器の表面に白土で粉飾する技法をいいます。日本では茶碗など茶器でもよく見られ、多くの産地にその類型を見ることが出来ます。古唐津諸窯においては江戸時代に生産され、二彩唐津に代表される白刷毛目を用いたものを三島と呼ばれます。同じく白土を器全体に化粧掛けした粉引(こひき)技法は古く朝鮮のものに名品が多く見られますが、古唐津諸窯では生産されず、近代になって取り入れられた唐津では比較的新しい技法といえます。

三島唐津・粉引の写真

唐津焼とのつきあい方

使う程に表情を変える唐津焼の扱い方

唐津焼の写真

1. 成長を楽しむ

唐津焼の表面(施釉部分)には初めから亀裂(貫入)が存在します。 この貫入に水分、茶渋などがしみ込み表情を変えていきます。使えば使うほど、唯一無二の作品に成長していきます。表情をあまり変えたくない場合や、油分の多い食品への使用の際は、使用前に十分水に浸してから使うと、しみ込みが弱くなります。

2. 優しく扱う

唐津焼が、他の金属食器、強化磁器食器などにぶつかると欠けたり、ヒビが入ることがあります。出来るだけ他の食器と分けて洗ってください。つくりが繊細なものは食洗器には適さない場合があります。洗った後は、湿気などがこもらないように、しっかり乾かして保管してください。十分に洗浄・乾燥を行うことで、カビ等の汚れを防止できます。

3. 水分がしみ出る場合

唐津焼の器に水分の多いものをいれて長時間置くと、水分が表面にしみ出てくることがあります。緻密でない唐津の土の性質でこのような現象がみられますが、使い続けると次第に止まってきます。

Copyright©2013 The Building and Promotion Council of Karatsu Brands. All Right Reserved